口臭の予防や治療にはどんなものがあるの?

胃の調子を整える

口臭が気になる場合、その原因が分からず、もしかしたら、虫歯など口内が原因なのかもしれないと思うかもしれません。しかし、その原因は違うところにある可能性があります。まず、胃腸の不調を疑うのが良いと言われています。何故なら、食べ物は胃の中で消化されます。そして、腸に送られ、体内に栄養素が吸収される流れになりますが、消化をうまくできなかった場合、その未消化の胃の中の食べ物が原因となり悪臭を放つようになってしまいます。

胃の中からの口臭を予防するためには、まず、暴飲暴食を控えましょう。食べすぎ飲みすぎは消化不良を引き起こします。食事は腹八分目に抑えましょう。そして、バランスの良い食生活を心掛けましょう。3食バランスよく偏食を避けることで、胃の調子が整います。また、食品の中でも口臭を予防するものがあります。バナナ、りんご、ヨーグルトなどを積極的に摂取しましょう。逆に口臭を悪化させる食品は避けましょう。フライや天ぷら、脂肪の多い肉などは避けましょう。

口臭が気になる場合には胃の調子が悪いという原因が考えられます。そのため、生活習慣を見直しましょう。しっかりと規則正しい生活を心がけることで口臭の予防になる可能性があります。